住まい・暮らし

フィンランドのバレンタインデーと2月のお菓子

投稿日:

おひさしぶりです。
フィンランド暮らしの嫁日記-ハートチョコレート
PIERRE MALCOLINI のCœur Framboise (クール・フランボワーズ)です。
チョコレートの苦みとフランボワーズの酸味が抜群!
もうすぐバレンタインデーですね。
フィンランドでは、「Ystävänpäivä」(ウスタヴァンパイヴァ、ともだちの日)と呼んでいます。
友だち同士、カードのやりとりを行うのが一般的。
新しい習慣だそうです。
2月のポピュラーなイベントは、ルネベルク(
Johan Ludvig Runeberg)
の日と謝肉祭ですね。
それぞれ関連するお菓子があります。
ルネベルクは「Runebergintorttu」(ルネベルクのタルト(ケーキ))。
謝肉祭は「laskiaispulla」(ラスキアイスプッラ)。スウェーデンだとセムラ(semla)と呼ばれますね。
どちらも、とってもあまいお菓子です。
家庭で作ることができます。
寒い冬を乗り越えるには、たっぷりの糖分が必要なのかもしれません。