周辺旅行-フィンランドから他国へ

欧州視察4日目:猛暑のプラハ

投稿日:

寝台列車のコンパートメントは、大きな揺れで目を覚ますことはあったけれど、約4時間ぐっすり眠りました。
列車は7時頃にプラハ本駅(Praha hlavní nádraží)に到着予定でしたが、約2時間も遅れて到着。
途中の駅で連結がなんかうまくいかなくて、それで時間がかかったそうです。
今日から泊まる予定の宿に連絡しようにも、携帯電話の設定がうまくできなくて断念。
もちろんPCメールは使えないし、SMSなら何とかなるかと思って送信してみたけれど返信なし。
日本で契約している携帯電話を持ってくれば良かったかも。
プラハ本駅(Praha hlavní nádraží)は大混雑でした。
列車の乗り継ぎがある人は大変ですね。
今回の旅では、長距離移動で列車が遅れても大丈夫なようにスケジュールを組んでいるから安心しています。
フィンランド暮らしの嫁日記-国立博物館
プラハは昨年12月に来て以来の2回目。
本駅からは迷いつつも、記憶をたどりながら、宿(バナナハウス)に到着しました。
さっそくおいしい朝ごはん(韓国料理)をいただきました。
あまりの暑さにヘトヘトでしたが、生き返りました。
フィンランド暮らしの嫁日記-火薬塔
フィンランド暮らしの嫁日記-スメタナホール
市民会館(スメタナホール)の外壁工事はすっかり終わっていて、美しいアールヌーボーの装飾を見ることができました。
交通機関のチケットを売店で購入しました。
1日券が100チェココルンで、3日券が330チェココルンって、割高になっているし。いいのかしら?
1日券を買って、トラムに乗って日時を刻印。
プラハ城に向かいました。
フィンランド暮らしの嫁日記-プラハのトラム
フィンランド暮らしの嫁日記-聖ヴィート大聖堂
フィンランド暮らしの嫁日記-聖ヴィート大聖堂南側
プラハ城の混雑っぷりには驚きました。
2日間有効なフルチケットを購入。
今日は聖ヴィート大聖堂が12時から見学開始だったので余計に込んでいました。
フィンランド暮らしの嫁日記-正門前
フィンランド暮らしの嫁日記-衛兵交替式
フィンランド暮らしの嫁日記-行進
衛兵交替式はスペシャルなヴァージョンで見ることができました。
見学マナーの悪い人が目立ちました。
プラハに行くなら、人が少なくなるオフシーズンの方が良いのかも。
王宮の広場は、日陰が少なくて、地面からの照り返しも強くて、すっかり焼けてしまいました。
しかも体力も奪われてヘトヘト。
今日、見れなかった分は明日見ることにしました。
フィンランド暮らしの嫁日記-プラハ城からの眺め
夜は、安くてうまい、地元の料理屋さんへ。
夫は大感激でした。
洗濯機を借りることができたので、大量に洗濯しました。
基本は洗面台で手洗いです。