フィンランド語

コッコ、ココー ココーン ココ コッコ?

投稿日:

フィンランド語クラスは、7~8割がフィンランド語で授業が進みます。
テキストもフィンランド語オンリーなので、フィンランド語だけの方が理解しやすいです。
今日は、フィンランド語の早口言葉を紹介します。

■コッコ、ココー ココーン ココ コッコ?

– Kokko, kokoo kokoon koko kokko.
– Koko kokkoko?
– Koko kokko.

大阪弁の「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」「ちゃうちゃうちゃうん?」に似ていますね。
ちゃんと意味があるダイアログで、
– コッコ(人の名前)、全部のかがり火を準備して。
– かがり火?
– かがり火。
という感じかな。
自分がにわとりになった気分です。

■アプパピン パプパタ
Appilan pappilan apupapin papupata pankolla porisi.
「パピプペポ」の音を使った早口言葉。
私はこの文章が一番むずかしかったです。

■巻き舌で!
Ärrän kierrän ympäri orren, ässän pistän taskuun.
「r」があちこちに入ってくるし、äやyの発音もあるから面倒。
舌の柔軟体操ですね。