周辺旅行-フィンランドから他国へ

フランクフルトの「平安京サウナ」の正体


とても日本的な名称の「平安京サウナ」ですが、実はドイツのフランクフルト(Frankfurt am Main)でのお話。

3月にフランクフルトに立ち寄ったときに見たラッピング・トラムにプリントされていたもの。

フランクフルト→コペンハーゲン→ヘルシンキ@183日目(夫のブログ)

フランクフルトのトラムなのだから、絶対にフランクフルト市内にある施設だと思っていました。
ネットで検索してたどり着いたのが、

→ Rebstockbad – BäderBetriebe Frankfurt GmbH

Rebstockbad(レブストクバド、発音あっているかな?)という大型スパ施設に平安京サウナがあるそうです。
サウナの名称が非常に日本的で、

Sanarium “Geisha” 60°C
Aufgusssauna “Tokyo” 80°C
Aufgusssauna “Samurai” 85°C
Aufgusssauna “Shogun” 90°C
Aufgusssauna “Kyoto” 95°C
Außensauna “Lotus” 95°C

ここまでは、芸者、東京、侍、将軍、京都、蓮と日本イメージの一般的代名詞。
別にサウナの名前につけてもいいかな、という感じ。

ところが、

Aufgusssauna “Bonsai” 100°C

「盆栽」ですよ!ボンサイ!
日本イメージの代名詞としては使えるけど、サウナの名前には………せめて、Mt. Fuji とか。。。
このPDFを見る限り、とーってもパラダイス的な香りがするし、何よりも「間違った日本」「おかしな日本」を感じておなかを抱えてしまいます。

→ Rebstockbad のパンフレット(PDF)

住所です。
Rebstockbad
Zum Rebstockbad 7
60486 Frankfurt am Main

フランクフルトにお住まいの方、あるいはこの施設を使ったことのある方、感想をぜひ聞かせてください。