カフェ&レストラン

Ravintola Sea Horse(レストラン・シーホース)

投稿日:

義姉が来るのに合わせて、最初の2日間はレストランを予約しました。
ガイドブックを見たり、インターネットで開いている時間を調べたり、夫の同僚からおすすめのレストランを教えてもらったり………
混んでいて断られたり、待ったりするのがイヤなので予約してから行きました。
今晩のディナーは、フィンランド料理を味わえるRavintola Sea Horseです。
Kaivopuisto(カイヴォプイスト)やOlympiaterminaali(オリンピアテルミナーリ)の近くで、トラム3番に乗ってKapteeninkatu(カプテーニンカトゥ)で降ります。
日本人も多くくるレストランらしく、日本語メニューも用意されています。
フィンランド暮らしの嫁日記-sea horse
前菜とメインをオーダーしましたが、どの料理もボリュームがありました。
日本人の胃袋には前菜だけ、またはメインだけで十分かもしれません。
もしくは、お昼を抜いて思いっきりおなかを空かして行くとか。
食後のデザートなんて入る余地ありませんわ。
フィンランドらしく、どの料理にも必ずマッシュポテトか茹でジャガイモが添えられていました。
この日は、地元の人が多かったし、誕生日の人がいて突然歌いだしたり、賑やかでした。
値段は安くはありませんが、ホールのスタッフもフレンドリーだし、料理が出されるタイミングも良かったです。
Ravintola Sea Horse
帰りにVia Crucis を見にヘルシンキ大聖堂に寄ったら、場所が変更になるし、なかなか始まらないし、雨が降って寒いし、結局、見ないで帰りました。
9時に始まるはずが、始まったのは私たちが帰ろうとした夜10時でした。
騒いだり、叫んだりせずに、じっと始まるのを待っていた観客たちはすごい!
フィンランド暮らしの嫁日記-ライトアップされた大聖堂
ヘルシンキ大聖堂はこんな感じにライトアップされていました。