引越・通信・宅配

ヨーロッパのあちこちでWiFi接続を試す


あちこち旅行して試したWiFi環境のレポートです。
【空港】
WiFi環境は整っても有料のところが多いです。
しかし、ヘルシンキ・ヴァンター空港は無料!
場所によって繋がりにくい場所がありますが、第2ターミナルはバシバシつながります。
コペンハーゲン(デンマーク)のカストラップ国際空港はWiFi接続できますが、有料です。
プラハ(チェコ)のルズィニェ国際空港は無料で提供されていた気がしますが、繋がりにくかったです。

【鉄道】
フランス・ベルギー・オランダ・ドイツを走るThalys(タリス)はWiFiを完備していますが、2等車は有料です。
夫が試しましたが、ブチブチ切れまくっていました。
ドイツを走るICEもWiFiを完備していますが、2等車は有料です。
【ホテル】
フィンランドに限らず、ヨーロッパ各地で無線LANを完備しているホテルは多くあります。
チェックイン時にユーザIDとパスワードを教えてもらえます。
ただし、PC1台に対して有効なので、友達や家族もPCなどを接続したい場合は、台数分発行してもらえるか確認してみましょう。
私の場合、たいてい無料無線LAN完備のホテルを予約しています。
【市内】
ヘルシンキ市内の新型トラムではWiFi接続が無料でできるそうです。
試験的に提供していたのかもしれませんが、夫がiPodTouchで位置情報が表示されるのを確認しています。