いつもの食事・フィンランド料理

欲ばりキッシュ

投稿日:

キッシュについては「簡単なキッシュ」で紹介していますが、再び。
フィンランド暮らしの嫁日記-欲ばりキッシュ
いつも27cmのパイレックス皿で作りますが、1人で4分の1をペロリと食べてしまいます。
高カロリーの心配はあるけど、いろいろな野菜を使ってバランス良く!
中に入れる野菜や肉などは残りものでOK!ツナ缶やハム、サーモン、たまねぎ、しいたけ、長ネギ、にんじん、ナス、ズッキーニなどもおいしいです。
【材料】
<タルト生地>
バター 150g(有塩でも無塩でもどちらでもOK。無塩の場合は塩小さじ1/2を追加)
薄力粉 300ml
冷水 大さじ2
<フィリング・卵液>
卵 3個
牛乳 250ml
ピザ用チーズ 100g(溶けるタイプならOK)
塩・こしょう
<フィリング>
ベーコン 150g
生マッシュルーム 小15~20個
にんにく 2片
パプリカ(赤) 1/2個
オリーブ油 適宜
塩・こしょう
【作り方】

  1. バターは小さく切って、一度冷凍庫で冷やす。ボールにバターと薄力粉を入れて、バターを指で押しつぶしながら薄力粉と混ぜる。おから状になったら冷水を加えてひとまとめにする。ラップに包んで冷蔵庫に入れる。
  2. にんにくはみじん切り。ベーコンは1cm幅に切る。マッシュルームは4等分する。パプリカは縦半分にして5mm幅に切る。
  3. フライパンににんにくとオリーブ油をひいて熱する。香りが出てきたら、ベーコンを加える。ベーコンに火が通ったらマッシュルームを加えて炒める。3~5分ほど炒めたら塩・こしょうで味をととのえて火からおろす。
  4. タルト型の中でタルト生地をのばす。底面は厚めに、側面は上にいくほど薄くなるようにすると良いバランスでできあがる。
  5. 225℃に熱したオーブンで10分焼く。
  6. 生地を焼いている間に、ボールに卵を入れてほぐす。その中に牛乳とチーズ、塩、こしょうを加えてよく混ぜておく。
  7. 生地が焼き上がったら、オーブンから取り出し、炒めたものとパプリカを生地の上に広げる。上から卵液をかける。チーズが一カ所にかたまらないように注意する。
  8. 200℃のオーブンで30~40分くらい焼く。
  9. オーブンから取り出し、型に入れたまま冷ます。直接手で触れても大丈夫なほどに冷めてから切り分けて盛りつける。

タルト型は深めの方が作りやすいです。
万一、フィリングが多くなった場合もあふれなくてすみます。型は四角型でも丸型でも大丈夫です。
タルト生地があまった場合はラップに包んで冷凍します。1~2週間保存できます。使う時は室温で自然解凍します。
フードプロセッサーがある場合は、薄力粉とバターを入れてガーッとおから状にしてから、冷水を加えてガッ、ガッ、ガッとしてひとまとめにします。とてもカンタンです。