周辺旅行-フィンランドから他国へ

フランス&ドイツ旅行 2日目

投稿日:

朝、テレビをつけると見覚えのあるアニメをやっていました。
フィンランド暮らしの嫁日記-おじゃ魔女
「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」ですよ。
フランス語吹き替えになっていて全くわからないけど。
日本で見ていたからストーリーはわかります。
エンディングの歌も曲はそのままに詞はフランス語に訳されて流れていました。
フィンランド暮らしの嫁日記-みつばちマーヤ
「みつばちマーヤの大冒険」ですよ。
土曜日の朝はアニメを多くやっているようです。日本と同じですね。
朝ごはんは昨日、スーパーで買ったもの。
電子レンジであたためて食べました。
今日は、フランス人Grégoryと数年ぶりの再会。
元気そうで何よりでした。
彼の運転する車で、ベルギーのブルッヘ(Brugge / Bruges ブルージュ)に行きました。
ブルッヘはユネスコ世界遺産に登録されている地区や建物などがあるそうです。
まったく知りませんでした。
フランスから国境を越えてベルギーへ。
日本は周りを海に囲まれているし、フィンランドもドイツやフランス方面に向かう時は飛行機か船だから陸路で移動できるのが新鮮!
フィンランド暮らしの嫁日記-国境越え
フランスとベルギーの国境です。どちらもEU加盟国なのでノーチェック!
ブルッへ歴史地区は日本人が想像する典型的なヨーロッパの街並みでした。
フィンランド暮らしの嫁日記-ブルッヘの街並み
フィンランド暮らしの嫁日記-広場の建物
フィンランド暮らしの嫁日記-Final Fantasy V
Final Fantasy Vを思い出させる建物。
フィンランド暮らしの嫁日記-タイムスリップ
お城のような建物。
ヨーロッパの歴史ある街は、広場を中心にして広がっているから、広場から歩いて行くとだいたい迷子にならないし、迷ったらまた広場に戻ればいいので、街探検は楽しいです。
フィンランド暮らしの嫁日記-大学
これは大学の建物なんです!中に入ってみたい!
フィンランド暮らしの嫁日記-運河の白鳥
フィンランド暮らしの嫁日記-運河ツアー
街の中には運河があって、そこをボートで楽しむツアーもあります。
フィンランド暮らしの嫁日記-ウサギの煮込み
ランチは広場に面したレストランで。
ベルギー産のビールもいただきました。
メインはうさぎ肉の煮込みです。ウサギ肉が好きなんで………フランスのジビエが好きなんです。
おなかが満腹になったところで聖サルヴァトール教会へ。
フィンランド暮らしの嫁日記-聖サルヴァトール教会
フィンランド暮らしの嫁日記-聖サルヴァトール教会
フィンランド暮らしの嫁日記-聖サルヴァトール教会
デザートはベルギーワッフルです。
サクサク&ふんわりでもう大満足!
外ではパレードが行われていました。
何のパレードかわかりませんが、山車を引いているのはトラクター!
手作りの山車ですが、カラフルに装飾されているし、陽気な音楽が流れて、スモークや紙吹雪でディズニーランド並みの楽しさ!
しかも山車に乗っている大人はビールを片手にパレード!
フィンランド暮らしの嫁日記-何かのパレード
フィンランド暮らしの嫁日記-パレードの山車
フィンランド暮らしの嫁日記-パレードの山車
スーパーに立ち寄ってミネラルウォーターを購入。フィンランドより安いわ。
フィンランド暮らしの嫁日記-4カ国語
スーパーの出口にあった「ありがとう、また来てね」の表示。
上からオランダ語、フランス語、ドイツ語、英語。
ブルッヘを満喫して、リール(Lille)に戻りました。
夕ごはんはGrégoryと彼が予約してくれたお店です。
フィンランド暮らしの嫁日記-La petit Cour
ホント、楽しかったわ。