質問に答えます

フィンランドのパンはおいしいの?


フィンランドはパンの種類が多く、形もいろいろあります。
原料も小麦粉、ライ麦粉、全粒粉、オーツ麦、じゃがいもなど、いろいろです。
デパートやマーケットに行くと、「これ、どんな味なのだろう?」と悩みます。
こちらにいる間にいろいろ食べてみたいし、作ってみたいです。
日本のパンのようにふんわりしたパンはありません。
見た目ふんわりしていそうでも、食べたらポソポソとか………
ホームベーカリーが売っているので、それで毎日焼きたてパンを楽しんでいる人もいます。
さて、フィンランドのパンをいくつかご紹介しておきます。
写真は後ほど。

【Ruisleipä / Hapanleipä (ルイスレイパ/ハパンレイパ)】

ライ麦パンのことです。見た目が黒色なので黒パンですね。
ライ麦のクセがあるので、最初食べづらいと感じます。
ドーム状のずっしりしたruispalaはスライスしてスープと一緒に食べるのがおすすめです。
limppu(リンップ)
東フィンランドの伝統的なパン。
reikäleipä(レイカレイパ)
西フィンランドの伝統的なパン。中心に穴があいています。
昔はそこに棒を通して屋根裏などに吊るして保存していたとか。
ruispala(ルイスパラ)
ポピュラーなライ麦パン。
jälkiuunileipä(ヤルキウーニレイパ)
näkkileipä(ナッキレイパ)
クリスピータイプのライ麦パン。
これにチーズをのせて、ジャムをかけて食べながら、白ワインを飲むのが好きです。
【Vehnäleipä (ヴェフナレイパ)】
全粒粉(ウィート)を使ったパンです。

vesirinkeli(ヴェシリンケリ)
ベーグルのような見た目・形のパンです。
【その他】
kaurapala(カウラパラ)
オーツ麦を使ったパンです。
korppu(コルップ)
ラスクです。
砂糖を使った甘いのはsokerikorppu(ソケリコルップ)といいます。
rieska(リエスカ)
平焼きパンです。
peruarieska、ohrarieska、ruisrieska、maitorieska など、いろいろあります。

【菓子パン】

pulla(プッラ)
カルダモンというスパイスが入ったパンです。
pikkupulla、korvapuusti、laskiaispulla、voisilmäpullaなど、いろいろあります。
pullaにはコーヒーが欠かせません。
※フィンランドのコーヒーはエスプレッソ以上に濃いです!!!
 飲み過ぎて胃をやられましたガーンショック!
sokerikorppu(ソケリコルップ)
砂糖を使ったラスクです。