いつもの食事・フィンランド料理

フィンランドで作るそぼろ丼


近所のスーパーで手に入る材料で、そぼろ丼にしました。
フィンランド暮らしの嫁日記-そぼろ丼
日本では、日本酒、みりん、みそでコクや旨みをプラスできますが、スーパーでは売っていないので、さてどうしよう?
(日本の食料品を扱っているお店で手に入ります。)
肉の臭みを消してコクが出るもの……ということで「牛乳クラッカー」にがんばってもらいました。
醤油は普通に手に入ります。
【材料】
ひき肉(牛・豚・鶏なんでもOK)
牛乳
砂糖
しょうゆ
にんにく(すりおろす)
しょうが(すりおろす)
こしょう
たまご
牛乳

パプリカ(赤・緑)
ライス(10分でできちゃうジャスミン米など)
【作り方】
鍋かフライパンにひき肉、牛乳、砂糖、しょうゆ、にんにく、しょうがを入れて、ぐちゃぐちゃに混ぜます。
それを中火にしたコンロであたためます。
鍋(フライパン)のふちから、色が変わってくるので、その部分をこするようにして混ぜます。
肉の赤色がなくなってきたら、水分がなくなるまで、煮ます。
しょうゆとこしょうで味をととのえてできあがりです。
たまごに牛乳を少々入れて、塩を加えて、ぐしゃぐしゃに混ぜます。
鍋かフライパンに入れて、中火であたためます。
ひき肉のときと同じようにかき混ぜますが、2~3膳の菜箸か、フォークのようなもので混ぜると細かくなります。
※フォークは鍋やフライパンを傷つけないものにしてください。
パプリカは1cm角に切って、沸騰したお湯に入れてすぐにザルにあけます。
丼にごはんを盛って、そぼろたちを盛りつけて完成!
フィンランド暮らしの嫁日記-そぼろ丼
パプリカはもう少し小さく切れば良かった………