住まい・暮らし

フィンランド産の証明〜いろいろなマークの意味


Hyvää Suomesta
フィンランド暮らしの嫁日記-hybaa suomesta
白鳥のマークが目印です。
材料の75%以上がフィンランド産である食品につく。
http://www.hyvaasuomesta.fi/
■Sirkkalehtilippu
フィンランド暮らしの嫁日記-kotimaiset kasvikset
双葉とフィンランド国旗をデザインしたマーク。
一定の条件を満たしたフィンランド産のじゃがいもや野菜につく。
Kotimaiset Kasvikset ryが認定。
http://www.kasvikset.fi/
■Avainlippu
フィンランド暮らしの嫁日記-avainlippu
国旗をモチーフにした鍵マーク。
フィンランドで生産された製品・食品などにつく。
このマークがついた商品を買うことで、フィンランド経済に貢献することになるんです。
http://www.avainlippu.fi/
フィンランド全体の人口は約530万人。
これで世界各国と同じ経済水準を保とうとするなら、地産地消は必須なのだと思う。
ここで、日本とフィンランドの比較。
日本の各都市の人口(2009年推計値)は、
東京(特別区) 880万人
横浜市 360万人
大阪市 260万人
名古屋市 220万人
札幌市 180万人
ちなみに福岡市は140万人。
いずれも、ヘルシンキ市の人口約57万人を大きく上回っています。
東京の八王子市が約57万人でほぼ同じくらいです。
八王子市は日本の市では、第23位です。
都道府県で見ると、兵庫県や北海道が約550万人で、福岡県が約500万人なので、その間がフィンランドと同じくらい。
日本はヒトが多いなぁ。
日本の人口が1億2000万人なので、フィンランドの人口の約22~23倍!
日本の面積は37万7000平方キロメートル、フィンランドの面積は日本よりちょっと小さくて33万7000平方キロメートル。
ほぼ同じくらい………ということは、人口密度も約22~23倍かよ!
うっひゃ、ヒトが多すぎるよ。。