住まい・暮らし

たかが炊飯器、されど炊飯器


フィンランド暮らしの嫁日記-いとしの炊飯器

Vantaa(ヴァンター)のTulliposti(トゥッリポスティ、税関郵便局)でピックアップしました。
関税は27ユーロ弱でした。
SANYO(サンヨー)の5合炊き炊飯器です。

「海外電気CLUB」のサイトで購入しました。
日本から海外に発送してもらえます。

白米のほか、玄米や炊き込みごはん、おかゆもできます。
シチューやゆでたまごも作れるらしい。
説明書は、日本語、英語、中国語、韓国語。
ボタンに貼るステッカーも付いていますが、英語で十分わかります。
内蓋は取り外せて洗うことができます。
4人分までなら、これで十分いけそう。

さっそく、コメを調達して炊いてみました。
なければないで生活できますが、やっぱり食べられると嬉しいです。
カツオ昆布でいただきました。

たかが炊飯器、されど炊飯器” への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    炊飯器の情報を探していてたどり着きましたが興味深く読ませてもらいました。
    私も8月にヘルシンキ(今はエスポー在住)に越してきました。ブログで紹介されていた炊飯器はネット購入で日本から取り寄せをされたのでしょうか?その場合、関税27ユーロ以外の費用(主に手数料、発送費)はどのくらいだったか差し支えなければお教えください。東京館で買うか、日本から取り寄せるか検討中です。初訪問で質問も仕分けありませんがよろしくお願いいたします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >うめさん
    はじめまして。
    質問を読みました。
    今住んでいるアパートに引越してから、日本のサイトで注文&購入したものです。
    楽天の海外電気CLUBさんです。
    明細を確認したところ、送料は約10,000円でした。その他に海外発送手数料が約1,500円かかっています。
    楽天のポイントがたまっていたので、本当にわずかですが安くなりました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    情報有難うございました。同じサイトから日立の炊飯器を購入しようと思います。

コメントは受け付けていません。